メインコンテンツへスキップ

進路支援

企業からのメッセージ

企業の人事部門の方々から、本学および本学を目指す受験生への応援メッセージをいただきました。

世界の人びとの"いのち"と"くらし"に貢献する

池田 將慈さんの写真

皆さんは、国際教養大学で何を学び、将来どんな自分になりたいと思っていますか?
高校までとは異なり、大学生?社会人になると正解のない答えを求めたり、人生の選択をしていくことになります。
正解がない中で、自分の人生をより良く、豊かにしていくためには、自分で選んだ選択肢や道を自分の力で正解に導いていくことが求められます。

大学では、様々な人と出会い、様々なことを学ぶ機会があります。その一つ一つが、皆さんの選択肢?可能性を広げるとともに、自分の選んだ道を正解にするヒントがあるはずです。
だからこそ、大学時代の数年間を無駄にすることなく、様々なことにアンテナを張り、失敗を恐れずチャレンジし、自分の可能性を広げることに全力で取り組んでください。
そして、大学卒業後は、自分の成長を支えてくれたすべての人に感謝し、学んだことを生かして、世の中に貢献することで恩返ししていただきたいと強く望みます。

旭化成は、化学技術を基盤に、日々変化していく世の中と同様に多種多様な変化を続け、時代のニーズに対応する形で、「石油化学、繊維、電子材料、建築材料、医療」など多くの分野で事業を創り上げ、世の中に貢献しています。
絶え間ない変化を続ける旭化成ですが、根本の想いは創業時から変わっていません。

「世界の人びとの''いのち''と''くらし''に貢献する」

この想いをもって、旭化成は挑戦し続けます!

池田 將慈さん
旭化成株式会社/人事部 人財採用室

意志を磨き、社会へ大きく踏み出す

今西 純菜さんの写真

この文章を読んでくださっているあなたは、どんな大学生活を送りたいと考えていますか。
やりたいことがある方や、大学に入ってから夢を見つけたい方など、色んな方がいらっしゃることでしょう。
特に2020年は、私たちを取り巻く環境が大きく変化した一年でした。今まで経験したことのない状況を迎え、当たり前が当たり前ではなくなることが多々ありました。

当たり前が何なのか定まらない世の中では、自分なりの考えや意志、そして行動力を持つことが重要です。意志のアクセルを踏むことで、時にはブレーキがかかることもあるでしょう。もちろん、ブレーキは必要です。ただ、こんな時だからこそ、チャンスを作り出すためのアクセルは自分の意志で踏むしかありません。

自分がどうありたいのか、日本をはじめ世界の人たちにどう貢献していきたいのか、大きな変化を迎えた今だからこそ何をしたいのか。
国際教養大学には、そのような自分の意志を磨き、実現できるようになるための素晴らしい機会が沢山あるのではないでしょうか。

ここでの出会い、学び、経験を重ねることで、このリスクを大きなチャンスに変えていきましょう。
国際教養大学で学んだ皆さんが、これからの社会を牽引していくリーダーとなり、共に社会課題を解決していく存在になっていくことを心から願っています。

今西 純菜さん
freee株式会社/新卒採用担当 人事採用本部