メインコンテンツへスキップ

進路支援

企業からのメッセージ

企業の人事部門の方々から、本学および本学を目指す受験生への応援メッセージをいただきました。

世界の人びとの"いのち"と"くらし"に貢献する

池田 將慈さんの写真

皆さんは、国際教養大学で何を学び、将来どんな自分になりたいと思っていますか?
高校までとは異なり、大学生?社会人になると正解のない答えを求めたり、人生の選択をしていくことになります。
正解がない中で、自分の人生をより良く、豊かにしていくためには、自分で選んだ選択肢や道を自分の力で正解に導いていくことが求められます。
大学では、様々な人と出会い、様々なことを学ぶ機会があります。その一つ一つが、皆さんの選択肢?可能性を広げるとともに、自分の選んだ道を正解にするヒントがあるはずです。
だからこそ、大学時代の数年間を無駄にすることなく、様々なことにアンテナを張り、失敗を恐れずチャレンジし、自分の可能性を広げることに全力で取り組んでください。
そして、大学卒業後は、自分の成長を支えてくれたすべての人に感謝し、学んだことを生かして、世の中に貢献することで恩返ししていただきたいと強く望みます。

旭化成は、化学技術を基盤に、日々変化していく世の中と同様に多種多様な変化を続け、時代のニーズに対応する形で、「石油化学、繊維、電子材料、建築材料、医療」など多くの分野で事業を創り上げ、世の中に貢献しています。
絶え間ない変化を続ける旭化成ですが、根本の想いは創業時から変わっていません。

「世界の人びとの''いのち''と''くらし''に貢献する」

この想いをもって、旭化成は挑戦し続けます!

池田 將慈さん
旭化成株式会社/人事部 人財採用室

多様な価値観?選択肢の中で
あなたの「個性」こそが大切である

海野 剛さんの写真

皆さんはどのような刺激、学びを求めて国際教養大学を選択しましたか?
大学に入るとこれまでの生活と異なり、出身国や地域が異なる様々な価値観の友達、社会人との出会いが溢れています。
そんな多様な選択肢の中で、皆さんはこれまでとは比較にならない程、自由に生活できます。
大学生活の間に何をすればいいのか、という問いに「正しい」解はありません。やりたいことが世間から評価されるものであるのかに拘らず、心の底からやりたいと思ったことに没頭する経験は、新しい自分を発見したり、新たな出会いのきっかけになったりと、皆さんの常識を変え、視野を拡げていってくれるはずです。
これから先の社会は、より変化が激しく、受験勉強のような決まった解答がない中で自らの意思で主体的に行動?判断していき、その選択を正解に変えていく力が重要になっていきます。
また、少し視点を変えて日本社会にフォーカスすると、少子高齢化や地方創生など、正解がわからない喫緊の社会問題が既に発生しています。
私も含めて、皆さんは人生において必ず向き合わなければならない社会問題と共に生きていかなければいけません。
こういった課題と向き合い続ける時に、皆さんの没頭した、やり切った経験は必ず活きてきます。
是非この恵まれた環境を存分に活かして、周囲の人や世間からの目線ではなく、内なる自分の心と向き合って大学生活を満喫してください。

海野 剛さん
freee株式会社/新卒採用担当 人事採用本部