メインコンテンツへスキップ

カリキュラム

教養専門科目群 グローバル?スタディズ領域

教員からのメッセージ

水野智仁グローバル?スタディズ領域長の写真

混沌の世界を生き抜き、雄飛することを目指して。

今や世界は「混沌」の渦中にあるといって過言ではありません。1990年代における冷戦構造の消失は世界各地に様々な変動をもたらしました。インターネット等の科学技術の進歩は高度情報化社会の出現を促し、「グローバル化」現象として、人種?民族、宗教、国境等を超えた相互交流の拡大と深化が展開されてきました。しかし同時に、人種?民族や宗教、政治?社会制度の相違や経済的要因による紛争や軋轢が世界各地で繰り返されてきたのも事実です。環境破壊や気候変動、パンデミックといった超地域的?地球規模的問題への不安も高まりつつあります。反グローバリズム的なものの抬頭や国際関係の力学的変化も見逃せず、AIの出現とデジタル化の進展は人類社会のありように劇的な変化をもたらしつつあります。

こうしたなか、我ら人類は個人として集団としての生き方を問われているのやもしれません。人がその性ゆえに自身の幸福や富貴を欲するのは当然のこととしても、私利私欲の追求ばかりに専心することを是とするわけにもいきません。渋沢栄一が「社会の一員、国家の一民たる以上、何人も一国一郷に対し我がものであるとの覚悟を持たねばならぬ」と述べたように、我々には社会、国家の成員として、更には地球社会の責任ある一員としての自覚をもって思考し行動することが求められているのではないでしょうか。

本領域は、各国?地域の歴史、文化、社会、政治、経済をはじめ、多国家?地域間関係、国際機関?組織の機能と役割、地球規模的諸問題に関する科目を提供し、学際的知見に裏打ちされた思考力と行動力を備え、自国のみならず人類社会に広く貢献できる有為な人材の育成を目指します。

水野 智仁 Dr. Norihito MIZUNO
グローバル?スタディズ領域長/教授

 

特色1 広範な知識に裏打ちされた思考力、文化的感性、分析力を育む

グローバル化を生き抜くためには、広範な知識に裏打ちされた論理的かつ創造的な思考力?発想力を身に付けなければなりません。そこで、本領域では学生に対して、各国や各地域の歴史、文化、社会、政治、経済をはじめ、国家間?地域間の関係、国際機関?国際組織の機能と役割、地球規模の現象や問題に関するさまざまな授業科目を履修することを求めます。学生は、知識の蓄積と深化に努めるとともに、学修活動への積極的参加を通して、従来の発想や価値観にとらわれない柔軟な考察?分析力を磨いていきます。

特色2 3つの学びの切り口(分野)―「グローバル社会」、「政治学と国際関係論」、「サステナビリティ」クラスター

GS領域は、「グローバル社会」、「政治学と国際関係論」、「サステナビリティ」の3つのクラスターからなり、学生は各自の興味関心に沿って、各クラスターの科目を履修するとともに、総合セミナーのテーマを絞り込みます。

グローバル社会クラスター

グローバル化の渦中にあって人類は、貧困や格差、人の移動、差別や人権をめぐる諸問題、宗教やイデオロギー、文化に起因する摩擦など、多種多様な問題に直面しています。本クラスターでは、私たちが日々の生活を送る地域社会が抱える問題から、国?地域レベル、さらには文字通り地球規模に広がる問題まで、幅広く網羅しつつ学修します。

政治学と国際関係論クラスター

本クラスターでは、政治学をはじめ、地理学、歴史学、国際関係論など複数の分野にまたがる多様な科目の履修を通して、日本を含む東アジア、東南アジア、北アメリカ、欧州等の各国の法律や政治制度、国際機関とその役割、日米関係や日中関係等を含む国際関係、地域あるいは地球規模での安全保障問題などについて学修します。

サステナビリティクラスター

冷戦終結後の世界では多くの国々や地域がグローバル化や科学技術の進歩により経済発展を遂げましたが、その一方で環境や資源をめぐるさまざまな問題が深刻化しつつあります。2015年に国際連合が持続可能な開発を目指すべく17のグローバル目標を採択したように、今や人類は持続可能な発展に向けた具体的な行動が求められています。本クラスターでは、持続可能な環境、経済、社会の構築という人類社会につきつけられた重大課題と人類社会の目指すべき姿について多角的に学修します。

特色3 総合セミナー

担当教員の指導の下、各自の興味関心に沿ったテーマを選択し、論文を作成します。

>>テーマ例

  • 「秋田の地域振興とインバウンド観光」
  • 「中国の台頭と日米安保体制」
  • 「アメリカとカナダにおける多文化主義の比較」 
  • 「国籍?帰化に係る各国法制比較」
  • 「外国人労働者受け入れをめぐる日台比較」
  • 「メディアにおける表現規制と表現の自由」
  • 「日本における韓国大衆文化の受容」
  • 「国際環境政策における政府機関と非政府機関の視点」
  • 「持続可能な都市におけるレジリエンス」

学生紹介

木下 明夢樹さんの写真

木下 明夢樹 Anju KINOSHITA (福岡県/2015年入学)

本学への志望動機は?

高校在学時に、偏差値やブランドで大学選びをする風潮や、英文法?リーディング中心の英語の授業に疑問を持っていました。AIUは「英語を」学ぶのではなく「英語で」学ぶ大学です。これからの社会では、自らの考えを発信し人を説得することができるといった「自分を表現する道具」としての英語力が必要だと思い、AIUでならばその能力を獲得できると考えました。

特に印象に残っているGSの授業は?

人文地理の視点から北アメリカの歴史や文化について学ぶ「GEO220 北アメリカの地理」です。高校教育までは触れる機会の少ないネイティブ?アメリカンの歴史が、北アメリカの現代政治に関わる重要な分野だと知りました。北アメリカの現代政治をネイティブ?アメリカンの視点から捉えることで、視点を変えれば物事は違って見えることを実感できました。

自分の成長をどのように感じましたか?

ためらうことなく挑戦する自分の姿に気付いた時、AIUへ来て成長したと実感しました。常に貪欲に学び続け、失敗を恐れずに挑戦することをAIUの仲間や教員、スタッフ陣は寛大に見守ってくれています。「やってみたれ!」と思える自分がいることが一番の成長です。

卒業後の目標(夢)は?

将来は、個人の個性やクリエイティビティを磨ける教育を普及させるためにLearning Scienceという分野で、より多くの人が興味を持って学べる環境をデザインする仕事に就くことを志しています。そのために、大学院に進学し、研究者としての第一歩を踏み出したいと考えています。学校だけでなく社会の様々な場面での人間の学びを「もっともっと」楽しくしていきたいと考えています。

AIUを目指す皆さんに伝えたいこと

あなたの情熱をただの夢にしようとしていませんか?自分の「勇気」が、夢を現実に近づけてくれます。私が経験したアメリカでのインターンシップや学会での発表は、未知なる挑戦でした。今は実力不足と思っても、情熱を傾ける勇気があるのなら、AIUはその挑戦を後押ししてくれる最高の環境です。皆さんの情熱が輝きますように!

Anju’s Time Schedule

木下 明夢樹さんの1週間の予定表

Pick up!
木下 明夢樹さんの課外活動の写真

私はマーチングバンドの「カラーガード」のパートを通して様々な大会に参加してきました。2016年、2017年には夏季の世界大会に出場し、また2019年には交換留学先のジョージ?メイソン大学のメンバーとして冬季の世界大会に参加し、1位を獲得しました。